大江ふ頭岸壁改良工事(その2)

  平成19年3月、概ね20年先を見据えた「名古屋港の針路」が策定されました。
この一環として、災害時における背後地域の物資供給や、地域活動への影響を最小限にとどめるため、 港内全体に耐震強化岸壁を構築することとなりました。
この工事は、現在の耐震基準を満たさない大江ふ頭を、耐震強化岸壁に改良することを目的としています。

件名 大江ふ頭岸壁改良工事
工期 2016年 3月~2017年 7月
発注機関名 名古屋港管理組合
請負者 五洋・徳倉・小島特定建設工事共同企業体
※五洋建設がメイン(50%)で、小島組は第3構成員(20%)として請負っています。
施行場所 名古屋市港区大江町地先(38号岸壁)
工事概要 大江ふ頭を耐震強化岸壁に改良する工事



◀ 戻る

MENU