使用船舶

アンカーレスグラブ式第18おかむら丸

DATA

全長:60 m  幅:20 m  喫水:2.2 m  グラブバケット容量:18 m3  浚渫水深:-30 m

  • ◎密閉ワイド型グラブバケット搭載
  • ◎スパッド方式
  • ◎浚渫施工管理システム
建造年 1999 年
浚渫機 製造者 株式会社 SKK
浚渫機 主機関 ヤンマー 16NHL-ETP (2,030PS)
浚渫機 最大吊上荷重 70 ton
浚渫機 ジブ長さ 24 m
浚渫機 作業半径 13.5 ~ 20.7 m(ジブ角度:70°~50°)
NO.1グラブ 18 m3(P.L)/12 m3(W.L), 45 t
No.2グラブ 20 m3(P.L)/20 m3(W.L), 40 t (密閉型)
スパッド φ1,300 × 38.3 m (50 t) × 2 本
主発電動機 ヤンマー S165L-HN (360 KW)
停泊電動機 ヤンマー 6HAL-N (110 PS)

特徴1

密閉ワイド型グラブバケットシステム

薄層浚渫に対応するため、グラブバケットをワイド型としました。
また、グラブバケットを密閉化することにより、昇降時にバケットから溢れ出る余水を防ぎ、汚水拡散を防ぎます。

特徴2

2本スパッド方式採用による
スピーディーな移動

移動用のスパッド装置を設備しています。スパッドは2本で、1本は船体中央、もう1本は船尾に備え付けてあります。
この装置を使うことで、作業中に、押船や、アンカーワイヤーなどの補助なく、移動することができます。
システムは、操作室から1人で操作しています。(特許)

特徴3

浚渫施工管理システム

RTK-GPSと作業専用ソフトを利用し、浚渫場所の範囲指定及び浚渫履歴を容易に把握することができます。

工事実績

MENU