使用船舶

スパッド式
バックホウ浚渫船
第26良成丸

DATA

全長 : 24 m  幅 : 10.3 m  喫水 : 0.9 m  バケット容量 : 3 m3  浚渫水深:-8 m

  • ◎2013年バックホウ載せ替え
  • ◎スパッド方式
建造年 1992 年
バックホウ 型式 日立 ZX670LCH
バックホウ 公称容量 3.3 m3
バックホウ 公称浚渫能力 150 m3/h
スパッド □ 600 × 16 m × 3 本

特徴1

バックホウ浚渫船の概要

バックホウによる浚渫船は、掘削力が大きいので船体をより安定させるため三点支持スパッドとし、バケットの操作を安全且つ迅速に行うことができ、浚渫能力の向上と硬土地盤の浚渫を可能としました。
河川及び水路の浚渫で狭い橋架、低い橋架を通行する際には、サイドフローターの一時取外し及びスパッドの傾倒が可能なため、様々な現場条件に適合することができる。

特徴2

スパッド式

アンカーレス仕様のため、浚渫工事中に他の通行船舶の障害にならないよう安全作業ができることから狭い河川及び水路、水域の浚渫に適しています。
自力にてスパッドの立て越しが可能なため、低い橋架が容易に通行できます。

特徴3

安全設備

バックホウの後方へ監視カメラを設置しており、バックホウ運転席より安全確認が容易にできます。
また、居住区の上部にも監視カメラを設置し、船上の安全確認を容易にしております。

工事実績

MENU