使用船舶

準次世代グラブ浚渫船Hybrid船
第381良成丸

DATA

全長:67 m  幅:26 m  喫水:2.7 m  グラブバケット容量:23 m3  浚渫水深:-85 m

  • ◎Hybrid System
  • ◎自動運転システム
  • ◎密閉ワイド型
       グラブバケット
  • ◎アンカー設備
  • ◎自動操船システム
  • ◎浚渫施工管理システム
国 籍 日 本
国際総トン数 2877 tons
建造年 2014 年
浚渫機 製造者 株式会社 SKK
浚渫機 最大吊上荷重 160 ton
浚渫機 ジブ長さ 32 m
浚渫機 作業半径 17.3 ~ 24.7 m(ジブ角度:70°~55°)
NO.1グラブ 33 m3(P.L)/23 m3(W.L),100 t
No.2グラブ 40 m3(P.L)/(W.L),88 t (密閉ワイド型)
NO.3グラブ 9 m3(P.L)/(W.L),130 t (硬度盤)
スパッド φ1,500 × 40 m (76 t) × 2 本
アンカー JIS F 3301 ストックレス 6 t × 4 丁
アンカーチェーン JIS F 3303 Φ56 × 25 m
スラスタ ナカシマプロペラ SPJ-57N 型 × 2 台
主発電動機 ダイハツディーゼル 8DC-32e (2,800 KW)
停泊電動機 ヤンマー 6HAL2-WHT (265 KW)

特徴1

Hybrid System

グラブ巻き下げ時に発生するエネルギーを蓄え、グラブ巻き上げ時に利用します。
燃料消費量を25%~30%低減できるとともにCO2などの排出ガスも大幅に削減できます。

特徴2

自動運転システム搭載

運転席に設置されたタッチパネルで作業状況に応じた数値等を入力するだけ
で自動制御により掘削・旋回・積込みを行えるよう設定されています。

特徴3

密閉ワイド型グラブバケット搭載

密閉ワイド型グラブバケットが効率的な薄層浚渫を実現。
密閉構造により汚濁拡散を抑制できます。
また、大容量のグラブバケットで作業を効率化できます。

特徴4

アンカー設備の併設

2本式スパッドとアンカー設備を併設により最大85mの大水深海域の作業
が可能。幅広い海象条件での浚渫作業が可能です。

特徴5

自動操船システム搭載

アンカー使用時は自動操船システムにより、アンカーチェーンの繰出しや
巻取りを自動制御し、自動操船が可能です。

特徴6

スラスタの搭載

スラスタを2台搭載することで、転船移動時間の短縮及び
スムーズな位置調整を実現します。

特徴7

浚渫施工システム

2台のRTK-GPSにより、高精度な位置管理が可能。
掘削軌跡も深度ごとに色分け表示します。

工事実績

MENU