総合治水対策特定河川工事
(交付金・防災安全)(2号工)


五条川に架かる巡礼橋、それより下流に300mほどの付近より、河川にたまった砂を下流から上流に向かって浚渫しました。
川底を掘ることにより水位が下がり、洪水が安全に下流側へと流れるようになります。
浚った土砂は巡礼橋より下流約300mにある揚土場まで水上運搬され、脱水し、公共施設等の埋立材として利用されます。

                                            
件名 総合治水対策特定河川工事(交付金・防災安全)(2号工)
工期 2017年 2月~2017年 5月
発注者株式会社 河村産業所 (愛知県尾張建設事務所)
工事概要 工事延長 360.0m V=18,900m3
バックホウ浚渫(バックホウ浚渫船2.0m3クラス1隻)
土運船運搬(土運船60m3級 2隻、押船400ps級 1隻)
バックホウ揚土(バックホウ0.8m3級 1台、ホイールロータダ1.0m3級 1台)



◀ 戻る

MENU