会社案内

株式会社小島組についてご案内します。



私たち小島組は大正8年(1919年)に創業以来、専門性の高い特殊な作業船を保有する企業として、浚渫や埋立て、港湾土木など多くの工事で実績をつくりあげてきました。ひと昔前までは浚渫や埋立てというと環境に良くないイメージがありましたが、小島組の事業の本質は自然の流れの中で土地や環境を人間の暮らしと調和させていくところにあります。私たちは世界最大のグラブ浚渫船「五祥」をはじめ、高効率・省エネルギーを実現する多彩な船舶を駆使して、小規模な河川での浚渫から大規模港湾開発に至るまで社会の幅広いニーズにお応えしております。

 また近年、グローバルな舞台においても私たちの浚渫技術が求められるようになってまいりました。当社では社内の精鋭を世界各国に派遣し、中期では東南アジア、長期ではアフリカ・インドも視野に入れたグローバル展開を進めています。世界のお客様とのおつきあいで最も大切にしているのは「誠実な仕事」と「信頼関係」。確かな技術力を前提に、良いことも悪いこともさらけ出した状態で関係をつくっていくことが、本当の意味でのソリューションにつながるのではないでしょうか。今後、途上国の経済が急速に発展するとともに、港湾開発をはじめとしたさまざまなプロジェクトで私たちの仕事の重要性はさらに高まると予測しています。
 小島組は土木業者でありながら、常に新しい技術を提案し続ける「建設機械メーカー」でもあります。自分たちのアイデアで世界でも類を見ない特殊船を開発し、それを土木に活かして社会に貢献する。私たちは、たゆまざる技術開発の精神をもって、近い将来「世界一の浚渫技術を持つ企業」と呼ばれるよう、社員・役員が一丸となって努力してまいります。


代表取締役社長 小島徳明