メッセージ

採用担当者からのMessage

工事部の現場監督は会社の代表、
そんな気概を持って仕事して欲しい。

小島組は、浚渫船という特殊な作業船を保有し、創業以来専門性の高い工事で多くの実績をつくりあげてまいりました。工事の現場を司るのは工事部の現場監督です。現場監督と聞いて建設業や建築業をイメージされがちなのですが、小島組の現場は船での作業や特殊な機械を用いた作業が多い工事です。あまりに専門性が高いので、工学系の学校を卒業した人でもおそらく最初はとまどいばかりでしょう。ただし、その特殊性がゆえに小島組は伝統と技術を守り続けてきましたし、これからもそれを武器に企業ブランドを推し進めていくことになります。知識があるないということではなく、工事現場を取り仕切り、自分が会社を代表しているんだという気概と、物怖じしない心意気だと思うのです。

管理部の船舶管理は日本でも有数の技術者である、その意識を大切に。

小島組の船舶は専門性の高い特殊船ばかりです。それらの船舶の管理を全面的に任せるのですから、小島組の命をそのまま預けるようなものです。それだけ責任重大ともいえる船舶の管理には、電気主任技術者の資格を取得することを前提に、入社後も学びを続けて欲しいと考えています。講習や教材についての費用は全面的にバックアップしますし、資格取得のあかつきには資格手当も用意されています。小島組と同じ専門性を持った企業は日本でも数社しかないといわれています。この電気主任技術者の資格を取得し、特殊船の船舶管理を任されるようになれば、日本でも有数の技術者といっても過言ではありません。日本を代表するスペシャリストとして、活躍を期待しています。

教育システムや福利厚生の充実。

教育システムは従来のOJTだけではなく、職種や職級に応じて外部の教育機関による教育システムを導入しています。技術や営業、対人、社内の人間関係など、あらゆるジャンルの教育システムと講習が用意されています。ある程度のポジションになれば、受講希望を申請することもでき、会社としても全面的にバックアップ体制を敷いています。就職しても学びはずっと続きます。