事業内容

浚渫船や揚土船をはじめとした
独自の作業船で、
世界中の港を活性化する。
それが私たち小島組の仕事です。

浚渫

 海底の土砂を掘り、船の航行や荷役作業ができる水深・水域を確保するのが「浚渫(しゅんせつ)」です。浚渫により、航路・泊地・岸壁が整備、維持管理されることで、港では船が港内をスムーズに航行し、貨物の積込みや荷下ろしをスピーディに行うことができるようになります。

さらに詳しく

埋立て・揚土

 護岸で囲われた海域に土砂を投入し、新たな土地を造成するのが「埋立て」です。国土の狭い日本では、古くから工業化を背景に臨海部で埋立てが行われてきました。人間が使いやすい平らかな土地を生み出す重要な仕事ですが、近年ではより環境に配慮した埋立て揚土技術が求められています。

さらに詳しく

港湾土木

 港は、四方を海に囲まれた日本にとって必要不可欠な社会基盤。物流拠点として経済活動を支えるとともに、多くの人の憩いの場にもなっています。これらの機能や役割は、さまざまな土木技術を駆使した港湾施設の整備により成り立っています。地震や津波など、自然災害の脅威から港を守るのも港湾土木の役割です。

さらに詳しく

陸上土木

 高速道路に上下水道、河川やダムの整備・維持管理など、「陸上土木」は私たちが生活する街のあちこちで活躍しています。小島組は土木工事のプロフェッショナルとして、確かな技術力で「街づくり」に貢献しています。

さらに詳しく

MENU